2009年11月05日

お笑いの分際で小説を書くとは・・

まあ、劇団ひとりの小説が

脚光を浴びましたから、次々とお笑いの人が

小説とか出してるんですよね。

インパルス板倉がハードボイルド小説書いた!
なんか似合わないなあと

思いつつ

ぺらぺら頁をめくると本格的

ハードボイルド小説な感じでしたね。

・・

インパルスといえば

シュールな中にも、きっちりとした

ストーリーと笑いが構築されている

といったイメージはありますね。

・・

まあ、本気で作家目指してる人に

とってお笑いの人がぽんと

注目されると大変だとは

思いますよ。
posted by じろう at 22:52| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。